ブランドの買取/販売「LORINZA(ロリンザ)」

カルティエCartier

カルティエ
カルティエについて カルティエ(Cartier)はフランスのジュエリーブランド。ハリー ウィンストン、ティファニー、ブルガリ、ヴァン クリーフ&アーペルと並んで「世界5大ジュエラー」と呼ばれることもある。

1847年マスタージュエラーの称号を受けたルイ・フランソワ・カルティエが、師匠のアドルフ・ピカールから、フランスのパリ・モントルゲイユ街29番地のアトリエを譲り受ける。

1853年カルティエ、パリ、ヌーブ・デ・プティシャン通り5番地で、顧客用のブティックを開く。1888年、時計部門がスタート。1900年、銀の代わりにプラチナをセッティングに使用。

3代目のルイ・カルティエは友人であるブラジル人飛行士アルベルト・サントス・デュモンから飛行機の中で使える新しい腕時計の製作を依頼されたのをきっかけに、宝石製作だけでなく、腕時計の分野に進出。レザーストラップ腕時計を製作。「サントス」が誕生するとともに、これが初の腕時計ともいわれている。ルイ・カルティエは常にモードを造ることを心がけて、アバンギャルドな路線でブランドの革新を続けた。その一つが現在ではスタンダードになっているプラチナの使用である。

カルティエのコレクション

▲ページトップへ